女亀山(めんがめやま)



春の女神が住まう山『女亀山』

女亀山(めんがめやま)は島根県赤来町と広島県作木村の県境にあり、山域は島根県自然環境保全地域に指定されています。標高は830m、山頂付近には西日本屈指の大径を誇るブナの自然林が残っています。また、エビネやキエビネ、カガノアザミなどの貴重な植物や絶滅の恐れのある植物が自生しており、ギフチョウの食草であるミヤコアオイも多く見られます。
古くは「女神山」といい、「玉依姫」(たまよりひめ)が住む山として、この地域に伝わる「丹塗箭神話」(にぬりやしんわ)は伝えています。

現代の春の女神『ギフチョウ』

ギフチョウは、桜が咲く時期に現れ、姿の美しさ、蝶(成虫)となって舞う期間の短さからから「春の女神」と呼ばれています。女亀山は中国山地唯一のギフチョウの発生地と言われています。ミヤコアオイとその仲間の植物しか食べないため生息地が限定され絶滅危惧種に指定されています。

店舗情報

所在地 〒690-3512 島根県飯石郡飯南町上赤名
アクセス方法 公共機関

・山陰道吉田掛合ICより国道54号線を広島方面へ約50分
・中国自動車道三次ICより国道54号線を松江方面へ約40分
駐車場 登山口に2台程度
お問い合わせ 森の案内人会 0854-76-3944